この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する映画をはしごしました

先輩と名古屋駅前で待ち合わせて映画を見ました。

ab38e743de9b7da9.jpg

奇跡のピアノ

韓国映画。ピアノの天才少女と言われたその後のドキュメントです。

ものすごく古くて一室しかない映画館で上映していました。

トイレは切符売り場の座っている人の後ろで戸を開ける設計。

スタッフは若いご夫婦みたいな感じ。

入場券と共にキラキラする韓国のスターのブロマイドをもらいました。

「誰?」ってしゃべっていると、後ろの席の人が名前を教えてくれました。

でも、頭に入ってこなかった。

韓国版のナレーターとかで、東方神起の初期のメンバーとか。

あれ?日本版で、その人はナレーターをしてたっけ?

どうだっか、覚えていません。 

出演者の日常が韓国語で字幕だったことは記憶あるけれど…






先輩と別れた後、私はもう一本映画を見たのです。

聲の形
9784063949735_w.jpg

こちら、岐阜の大垣が舞台だとか聞いたので

また気になって見に行ったのです。

いじめで日常が死にたくなるほどつらくなる…

いまだになくならない高校生活の一場面を切り取っていました。






こっちの映画館は、反対にひと月前に完成したばかりのピカピカの映画館でした。

プラス千円支払うと いすが大きくて座り心地がよくて隣との仕切りがある席に座れますが

利用しませんでした。






名古屋駅前は どんどん変身しています。

「大名古屋ビルジヂング」や「KITTE」だけでなく、

「シンフォニー豊田ビル」てのがひと月前にオープンして

シンフォニー豊田ビルへは駅から地下でつながっていました。

どんどん浦島太郎になっていきます。地下街が重厚な感じでした。

今までの地下街がちっぽけで安っぽいものに思えました。

CvhU3TnUMAAbL1g.jpg

↑今までのオブジェを取り払い、地下街がきれいになるようです。

名古屋駅前の地図です↓

1606_toukai_0_1.jpg




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事のみを表示する「運命に、似た恋」 読めません

1610231.jpg


きょう、アマゾンから届いたので

早速 読み始めました。

テレビでは、8話で今4話が終わったところ。

NHKの金曜のドラマです。






先が気になって気になってしょうがないお話なので

最初からではなく 

テレビのお話の続きあたりから読み始めました。





ところが、最後の15枚くらいかな…

メガネが曇って…

拭いては、またすぐに雲って…

なかなか読み進められなくて…

やっと読み終える事ができました。







北川悦吏子さんは、スゴイわ!

ネタばれしちゃいけないので これ以上は書けません。






お店の前にきれいなお花が咲いていました。

1610232.jpg  1610233.jpg

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村



この記事のみを表示するわが家の彼岸花と花咲山

この長雨で 今は この姿を見られなくなりました。

16930.jpg

わが家の彼岸花。

お天気がいい日に 輝いて見えたので 撮ってありました。

最初、わが家の庭に一人生えだったのが 

西側から いつのまにか移動して 南側で咲いたものです。


彼岸花はなぜふえるのか という 説明 は☚こちらにあるのですが

私の庭の説明にあんまりあたるようには 思えません。





そして、想像の域を出ませんが これも彼岸花だと思うのが これ↓

169302.jpg

169303.jpg





いいことをすると山にさく花が この彼岸花だと思います。






そして、また別名がすごいです。

死人花(しびとばな) 幽霊花(ゆうれいばな) 地獄花(じごくばな)…エトセトラ





そして、全体に毒があり、接触で 皮膚炎、 誤飲で 下痢 嘔吐 だそうです。

こちらに もっと詳しく載っています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する豊田市民芸館 & ポンペイ壁画展へ

きのうの祝日は 民芸館と博物館へ行きました。

前者は 豊田市の民芸館で  「動物文様の民芸」を展示していました。

後者は名古屋市博物館です。

両方ともこんどの日曜で終了です。





まずは、遠いほうから出かけました。愛知県を南下です。

行き先は豊田市の田舎です。

わが家から電車を2回乗り換えて 

駅へ到着までに90分位かかったかしらねえ?

駅員さんに行き方を聞こうと思っていたら 

降りたった駅は 無人駅でした。






一緒に2人降りました。

駅前に小さな地図が、あったけれど

まずは人がいるうちに聞いておこうと思い、その後ろ姿に向かって

「民芸館はどっちですか~!?」

と叫んで、まずは方角を教えてもらいました。




私、地図のとおりに歩けないんですよ。

ほどなく迷子になってしまい 人を探し求めて

民家の庭先に人がいるので また大声でたずねました。

教えてもらったとおりに行けどもいけども、

まだまだ ずっと人と会いません。

どんどん不安が増していって 韓国一人旅よりも こわかったです。






人に会わないということが こんなにこわいものだとは思わなかったです。

しかも、知らない所。もう 帰りたくなっちゃった頃にやっとつきました。

169231.jpg

写真右上が入り口、その下が皿、その下2枚は 寝る時のかけぶとんの布。

藍色なのは 派手になる江戸時代よりも前のものだかららしいです。

家紋入りなのは 嫁入り道具にもたせた客用だかららしいです。

上の横長は舞台の幕だとか。

残りはわかりません。






* 細かい説明は マニアックなので、省略します。

キーワードだけかきますので、関心がある場合のみたずねてください。

●絵入り事典「和漢三才図会(え)」の挿絵

●染色は「筒描き」。

●バク、麒麟、応龍(翼のある龍)の絵






さて、時刻はもう1時半になっていたけれど

もちろん食事する所などなく、民芸館で買ったジュース1本をゴクゴクと飲んで

駅へ向かい、ショートカットしそこなって、また迷子。

通りがかった高校生に聞いてやっと電車に乗れました。






お次は名古屋へ北上、ポンペイの壁画展へ出かけました。

30ec443945d265e09c31136211e9a7cb.jpg

こちらは真逆に ものすごく混んでいました。

人と人の間から垣間見る感じ。

頭を動かしている人には「頭を動かさないでよ~!」

って 叫びたくなったほど。





イヤホンガイドも借りずに ささ~っと見ることにしました。






2000年前なのに壁画が鮮やかなのは

火山灰が保護の役目になったからだとか。






この頃、私、ヨーロッパとか 神話とかに

あまり興味がなくなったので 短時間で見ました。






そして、やっと みそカツ丼を食べて(4時近く) (800円)

帰途につきました。

169233_R.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する「君の名は。」を見て来ました

新海監督の作品は 映像がとってもきれいです。

kotonohanoniwatop.png

169209.jpg

20160409184821.png

「君の名は。」も 見たいとは思ったけれど、

題名をどっかで聞いた気がするし、

男女が入れ替わる映画を見たことあるし……

新鮮味がないからDVDになってから見るつもりでいました。






でも、夕べのテレビで この映画の聖地を求めて

岐阜県へファンが集まっていると聞き ビックリ!

「飛騨古川」は 高校の頃、スキーで行った所だし…






私は愛知に住んでいますが、

木曽川の向こうは もう岐阜県です。

岐阜のどこのどんな映像?!

とっても気になってきたので、

午後からの出勤にまにあうように 午前中見に行ってきました。






私、映画館で よく寝ちゃうんですが、

「高速参勤交代リターンズ」とこの映画は 寝ませんでした!





やはり映像がとってもきれい!

エンドロールをながめると、たずさわったスタッフの多いこと、多いこと!

実在の東京と岐阜の景色が 忠実に描かれているので

物語に入り込んでしまって 錯覚しちゃいそう。





お話も 予習なしで見に行ったので とっても新鮮でした。

監督さん、発想がすごいよ!って思いました。

huluで放送されるようになったら また見ます!




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。