この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するカードはどこ?そして「ンデベレ」

また、やっちまいました。

きょうは、良いお天気で 「リトルワールド」が

手前の遠い駐車場から渋滞していました。






年間パスポートを提示すると 駐車料金が無料なので

早々と出して助手席のバッグの隣に置いて準備万端でした。





だんだん料金支払い所の所に近づいていって次が私。

よっしゃ、と隣を見ると




???????





カードが無いんです。

あり?




助手席の背もたれとイスの間の隙間をまさぐってみても ありません。

??????わけわからん!





とにかく、すぐに 自分の番が来たんで おじさんに カレッジのカードを見せて

「今カードが見つからないけれど 私は年間パスポートを持っているよ。

このカレッジのカードは パスポートを持っていないと作れないカードだから

探して出てきたら見せにくるから 通してね」

と押しました。






そしたら、おじさんは 通してくれました。

でも、駐車して 真っ青。

あれが無いと入場できない! どこ?どこ?どこ?





車の周りを回って 車の床をのぞきこんで探しました。

もう一度 背もたれとイスの間に手を入れて ないわ…

でも、もっと下まで手を入れてみました。






そしたら、押し出せて ポコンと床に出ました。

もう、うれしくて、それを持って さっきのおじさんに見せに行きました。

「出てきました。これです。さっきは信用してくれてありがとう。」

って。





ほんと よかった。

それからは、ちょっと遅刻で 南アフリカの「ンデベレ」のお話を聞きました。






昔のンデベレの家は↓この屋根が下まである感じ。

161015.jpg

でも、今はこんな感じ↓

1610153.jpg

水性ペンキが入手できてからは 

女性たちが壁の内外をペイントしてきれいにしているんですって。

リトルワールドでは今21年ぶりに 家の壁の模様の塗り替え中で

4名の女性が来て描いておられます。




きょうは リトルワールドで アフリカンフェアってのをやっていて

音楽ライブが聴けたり 世界で一番小さい麺のクスクスを食べられたりしました。

IMG_5635.jpg ←クリックで大きくなります





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事のみを表示するリトルワールドカレッジの日でした

<リトルワールド> カレッジ「フランスアルザス地方」の勉強の日でした。

169161.jpg

●一番大きい写真はこの日の勉強の建物。

Wikipediaの「フランスアルザス地方」に載っているのは、

このリトルワールドの写真です。



●カップルの民族衣装はドイツ。





●食べたのはイタリアの青カビのチーズの味が強いパスタ。

私、この店でジェラートを受け取る時に 落としてしまいました (;_;)

だって……

四角いコーンに ジェラートが乗って いまにもコロンと落ちそうだったんです。

お皿をもらって 準備万端だったのに もらい損ねて

床に落っことしちゃいました。

100%私が悪かったんで すごすごと席へ戻りました。

そしたら、あげるというジェスチャーをもらったので

素直にもらいに行きました。

ああ、恥ずかし(//∇//)






●右、たての写真3枚は 木の実です。

何かなあ?と 園芸スタッフにたずねると

「姫リンゴじゃ」っておっしゃったんで

その時は「ふ~ん」と思いましたが

イヤイヤ、違うぞと 思い直し

少し歩いて出会った別のスタッフにたずねました。

でも、ど忘れして名前が出てこないって。






●展示の食器はアルザス地方の物です。






この、アルザス地方は ドイツとの国境に位置していて

歴史的には ドイツに属したり、フランスに属したりしたそうです。





いつも 勉強会で 先生に歴史的な背景についての質問を

されるかたがおられて すごいなあと感心します。

私は説明をふ~んと漠然と聞いてすぐに忘れちゃいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するKITTE名古屋界隈&ボストン美術館「国芳・国貞」

きょうは 学生時代の友達と名古屋駅前で待ち合わせ。

私の韓国旅行の話を聞かせてと言ってくれたので ルンルンで出かけました。

169132_R.jpg

まずは KITTE名古屋探訪から。

まだ建築中の通路を利用して、この小さな小窓をギャラリーにして

169135_R.jpg

愛知トリエンナーレ作品を展示してありました。

169136_R.jpg

ということがわかったのは 待ち合わせ中?といった感じの人が近づいて来て

実はその宣伝ボランティアだそうで、 その人が教えてくれたからです。

この場所はKITTE名古屋から駅に向けて戻ってきた所です。

まだ、私たちは名称にもなじみがありません。

16913_R.jpg

169131_R.jpg

↑「これは何を表しているんだろうねえ?」

ということを考えまして 

私は障害走や 水泳の絵があるから 東京オリンピックだと思いましたが

ボランティアさんから「チャップリン」と聞きました。

ピンとこないわ~。




メンバーに3時に帰るというシンデレラがいるので

いつも早目に集合、早目に解散します。

その後は 私一人で ボストン美術館「俺たちの国芳 わたしの国貞」へ向かいました。

先日より eテレ「日曜美術館」が 展覧会の解説をしているので

なるべく見るようになりました。 今回もそちらで予習済みです。






国芳も国貞も浮世絵なので 作品が似ているので

額の色や 名前を 色分けして 混同しないように工夫がされていました。 





イヤホンガイドには 歌舞伎口調が必要なため

中村七之助が起用されていて バッチリでした。







シニアグラスを かけたり 外したりして じっくりと見ました。

全体的におもしろい展示でした。






国芳のほうが ユーモアがあるので 好まれるかもしれませんが

kuniyosi.jpg







国貞の歌舞伎俳優や 美人画も 捨てがたい絵でした。

win_ph02.jpg



右の着物のドクロは たくさんの猫から 成り立っています。(国芳)

左は先輩の国貞の美人画で かんざしや着物が素敵です。

im_kuniyoshi-201609_02.jpg



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する今度は東へお出かけ

前のお話の「モザイクタイルミュージアム」はわが家から北へ車で1時間でした。

今度は東へ1時間走りました。

IMG_5159.jpg

朝、テレビを付けて早々に

<「折り紙展」がきょうまで開催>と知ったので 即、出かけました。







下から2段目、左は 折り紙を折って 最後に組み立てる 

いわば 「大人のレゴ」だそうです。

ボケ防止のヒントになるかも?という気もはたらいて 

見てみたくなりました。







でも、会場が私の生活圏にない知らない所です。

「スカイワードアサヒ」って どこ?

同じわからなくても 交公共機関のほうが キラクです。

途中で聞けたりするんで。






基本、韓国旅行の時みたいに 一人で出かけたいけれど、

車で遠出が無理な私は 家族同乗をたのみ、

カーナビを使っての お出かけになりました。








到着間近になると

右下の給水塔みたいなものが チラチラし始めましたが

でも、まさかそこが折り紙の展示会場とは思えず 

到着するまでわかりませんでした。






着いたら、へ~!?!でした。

屋上には 写真左下の「太陽を見る望遠鏡」をもっていて

希望者には見せてもらえる、という楽しめる施設でした。

(真っ赤な太陽を望遠鏡で初めて見ました)

土日の夜には 星の観察会があるようです。







タワー途中の展望台(窓の水色の所)からは

「田んぼアート」が見られました。

くまモンと 市のキャラクターの田んぼアートでした。

映像ではない実際の田んぼアートを見るのは初めてです。

偶然見られて ラッキーでした。







そして、途中の階にある喫茶店で、この日もまた モーニング。

ご近所在住らしく 通い慣れている感じのシニアが 大勢おられました。

ここのモーニングは一般的な内容でした。

(トースト + 刻みキャベツ + ゆで卵)程度、お勘定はコーヒー代のみのモーニングです。







私はモーニングサービスを食べることはあまり好きではありません。

家で食べるほうが内容が充実しているし、 

次の食事時刻が半端になるからです。

家族が食べたいと言うので、 食べちゃいました。

お腹が一時的に膨らんでも 実際に食べた量が少ないので

これでお昼ご飯をパスできるわけではなく、

やっぱり帰ってからも お昼ご飯を作る必要がありました。







肝心の「折り紙アート」のほうは なるほどね~。

とは思いましたが やってみたいとは思いませんでしたが

他の作品に職場の作品製作のヒントをもらいました。







名刺がわりに 小さな折り紙を貼って

大人の名刺交換、子どものトレーディングカードの交換

みたいにする作品があり、

子どもに やらせてみようかなあと思えましたので 

少し先になったら 研究しようと思いました。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するモザイクタイルミュージアム

今までで一番高い モーニングを食べに行きました。

950円です。、飲み物代金は これにプラスされます。

IMG_5182.jpg

たかが モーニングごときに どうして千円近くとられるのか?

普通、モーニングはあまり時間をかけた料理はつかないのですが

ランチみたいに手が込んでいるからのようです。

右下はクロケット。小さい容器の緑はブロッコリーとチーズ。

真ん中はラタトィユでした。

お味はおいしかったですよ。






そして、その後、6月にオープンしたばかりの

<モザイクタイルミュージアム> へ出かけました。

ちょうど今発売中の 「婦人画報」今月号に載っています。

タイルの地場産業の歴史や タイルの製造工程のお勉強ができます。

タイル装飾の額など 体験もさせてもらえる楽しい所でした。

16961.jpg

車の写真を 追加しました。

IMG_5072_R.jpg

IMG_5069_R.jpg





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。