この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する「オブリビオン」「ふたたび」

書き忘れていました。

6月1日の映画の日にトムクルーズの「オブリビオン」を見たんでした。

200[1]

映画館へ出かけること自体が久しぶりの私。

なのに、どうして出かけたかというと

「徹子の部屋」にトムクルーズが二日間も出演していて

彼がただのハンサムラッキーボーイではないと知ったからです。





彼はシングルマザーのもとで育ち、演劇学校へは行っていないことや

彼が映画を作るにあたって 準備期間が何年もあったこと

などなどを知って……すっかり見たくなってしまいました。





映画は私が好きそうなSFで、とってもおもしろかったです。

中でも私が飛び上がって叫びそうになった場面がありました。

大好きなプロコルハルムの「青い影」が流れたんです。

トムクルーズが個人的に好きな曲とみました。

すご~く得した気分になりました。





そして、きょう、偶然にいい映画を見ました。

家族が録画していた映画「ふたたび」です。
ふたたび

ライ病偏見に翻弄された男性と 音楽仲間と 孫と…

いいお話でした。

詳しくは こちらにあります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。