この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する香育に参加してみた

子ども対象の「香育」に参加させていただきました。

こういく」という言葉さえ初めて聞きました。








冊子をもとに 少しお話があって

植物のおかげで私たち生き物も元気でいられると再確認しました。




もし、香りがなかったら……

・虫が花の香りに誘われて受粉しないので、果物や野菜が消える?!

うわ!確かにそうだわ


・動物はニオイで住み分けているので、ケンカが増える?!

たとえば 犬がオシッコでニオイを付けてるあれのことかな


・香りは味とセット。おいしさがわからなくなる?!

鼻をつまんだら 何の味だかわからなくなりますよね


・食べ物がくさるとニオイでわかります。おなかを壊す人が増える?!

におわないと食べちゃいますもんね。




などの 子どもにわかりやすいお話のあと、

香り当てクイズをしたり、

精油を石鹸粘土に もみ込んで形成したりしました。





香り当てでは オレンジやレモンやミカンは なんだか似てる!

色も、形も ニオイも!という子どもの発見が新鮮でした。




大人の好むラベンダーの香りも 子どもには 興奮の香りかな?

と思えるなど 固定観念ではいけないなと思いました。

先生は日本アロマ環境協会のかたでした。(←ポチで 協会HPが見られます)
ind_ico_03[1]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。