この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する清須会議に愛知県人は食いついています

img_1056384_32274273_0[1]

監督の三谷幸喜や 主演の大泉洋が あちこちの番組に出演して

精力的に映画宣伝しているお陰で 愛知県人の私は 食いつきました。

私以外の愛知県人の食いつきもいいようで、上映次の日の映画館の入りは上々でした。






映画美術監督の種田さんまで三谷映画の宣伝に一役かっています。

絵巻に描かれた旗や鳥や人が動いたり、火事が起きたりと 

現場の説明をしている手法が新鮮でした(´∀`)





主役をはれる大物俳優を贅沢に使っていて 他にも

西田敏行や 天海祐希がちょい役で出演していました。





私は化粧にも注目しました。

それぞれの女性の特徴や、おそろしさを際立たせていました。




ずっとその化粧でしたが 特に最後のほうで強調していて

眉の無い鈴木京香(信長の妹)や 眉なしお歯黒でニタリとする

剛力彩芽(武田信玄の娘)には ギョギョッ~でした。




天下を取ると宣言する豊臣秀吉のかたわらの中谷美紀(妻)を

太眉で田舎者っぽく化粧させ、彼の出生と出世を強調していました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。