この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する食パン焼き継続の自分なりの工夫

2年ほど前に 夫がパン焼き器を買いました。

ラジオを聞いて 私に断わりもなく 勝手に頼んだので

そんなあ!どうせ頼むなら 相談してよ!と抗議しました。




本人は 退職だと思っていたので 楽しみのひとつとしてたのんだとか。

でも、定年が延長になり、パンを作る気がなくなったそうです。




もうすでにパン焼き器は手元にあります。

しょうがないなあ。ってんで 私が使うことになりました。

(今、わが家の朝食は ほとんどパン食です)




私は 子どもが小さい頃、手作りパン教室へ通いました。

教室で パンこね器と発酵器を買い、

お金を本部に納めれば 先生をできる段階までいきました。




でも、その気は無かったので 教室はやめて 

じゃまな発酵器は その時、先生になった人にさしあげました。

(組立式でしたが 手を広げた幅×けっこうな高さがあり邪魔でした)




その後 発酵は こたつや発泡スチロール容器を利用して

しばらくはパンを焼いていましたが

長い年月がたつうちには、まったくパンを焼くことはなくなりました。




前置きが長くなりました。

やっと現在のお話ですが、今のパン焼き器は 

材料を計量してスイッチを入れるだけのとっても簡単作業。




なのに、ですよ。 



この年になると 1日おきにパンをつくるのは 

面倒で めんどうで… 本当に面倒で。苦行です。



それで 自分なりに工夫しました。

計量する時は まとめて計量するのです。
14110.jpg
写真 左上:砂糖、塩、スキムミルクを1回分ずつ容器に。

左下:バターも1回分ずつ。右上:ドライイーストは分包の物を

水は計量カップ(ml・cc)よりもペットボトル(g)を利用。

それでも緊急用に食パンの分量をでかく書き抜いておく。以上です。

ピザを焼いたり 成形パンなど 応用パンにはあてはまりませんが。







にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。