この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する台湾ラーメンの秘密

先日の 愛知と岐阜にまたがっている野外民族博物館にて。

お昼ご飯は ガツン!とくるものを食べたかったので 台湾ブースへ行きました。

143191.jpg

台湾ラーメンと天津飯のセットを食べました。

143192.jpg

台湾ブースで台湾ラーメン

て書いたら何も違和感はないと思われますが

実は 台湾にはこのような「台湾ラーメン」が無いそうです。

台湾ラーメンは 名古屋の中華料理屋さんが作ったメニューだそうです。





地元人は知っている話ですが

ひょっとしたら 他県のかたには そのことを書いておかないと

間違えてしまわれるんじゃないかと思いました。





台湾ラーメンの秘密は 今では有名なお話でしょうかね?



コメントで「坦々麺」と似てる?と書いていただいて

(似てるわ~。違いがわからないなあ?)と思い、調べました。



「台湾ラーメン」

名古屋の「味仙」という店が元祖。

店主が台湾出身だったのが名前の由来です。

台湾で小皿に盛って食べる「台仔(たんつー)麺」を、

激辛にアレンジして出したのが最初という。

麺の上にミンチとニラがたっぷり乗り、スープは鶏ガラ。決め手は唐辛子。



「坦々麺」

四川料理の本来はつゆのない料理を

料理の鉄人・赤坂四川飯店の陳建一の父・建民氏がアレンジしたもの。

こちらはチンゲン菜と山椒を使うのがポイント。


                                  ヤフー知恵袋より









この日、ずいぶん人出がありました。

暖かくなってきたから?と思いましたが、それだけじゃなく、

「熱気球体験」ができるからだそうです。

sandanike04_top1[1] 

写真は会社のHPからいただいた写真なので こんな感じになるはずです。

移動はしないで まっすぐ上へ上昇するのみです。





トルコのカッパドキアあたりの熱気球が有名なので

トルコイスタンブールの街 1周年記念イベントに 呼ばれたようです。






この日は風が強いために中止になったそうで

スタッフのかたは ゆったりされていました。






「上昇はしないけれど 乗っていいよ」とスタッフに言われました。

143195.jpg

バスケットの切れている所に足をかけて入るのだそうです。

このサイズで大人が4人位乗れるそうです。





火も出してあげるとおっしゃったんで急いでスマホで撮りました。

IMG_1892.jpg

バルーンに1200℃の熱風を送り込んで上昇するそうです。




この会社は「クオレ21」といい、熱気球を飛ばして 全国を回っているそうです。

来月は近くの「明治村」でも乗られるそうです。





次の日も計画がありましたが、朝一番の一回だけ乗れたようで

同じく風が強くて中止になったそうです。



*きょうのお話の語尾は「だそうです」ばかり。

 まあ聞いたお話ばかりですので、ね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。