この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する母が老人度を急激に増して不安です

このところ、母の老人度が急激に増したので、不安になり、

包括センターや病院通いで慌ただしくしていました。

        *写真は内容と関係なく 撮りためていたスマホからです。 

145191.jpg ←わが家のお花

母は弟家族と 敷地内同居をしており、日中は一人きりです。

でも、近所に後家さん仲間が5~6人いて 

一緒に 喫茶店(モーニング)へ出かけたり ランチをして

まあまあの日常でした。

145192.jpg ←近所のお花

その中で母は年齢が若かったのに

この頃、急に他の人を抜いて 老人性の物忘れと 身体の衰弱が目立ち始めました。

145193.jpg ←近所のお花

私は焦ってきて 地域の包括センターへ通って相談していただいたり

母の妹にも会っていろいろと教えてもらったりしていました。

145194.jpg ←近所のお花

病院は 脳神経外科、整形外科、眼科、そして鍼灸院と

週の半分 通う生活が数ヶ月続いています。


145195.jpg ←子どもの草花遊び

母はほとんど歩けなくて、蟻よりも遅く歩くような気がします。

もっと大変なお世話をされているかたから見ると

たいしたことないのですが、

慣れない私は 疲れてしまいました。

その間に 母は自宅で 2度も尻餅をつき、

多分、圧迫骨折?ということもおきました。


145196.jpg ←いただいたイチゴパン

こういう時って 気分転換できることが 

あったら救われるのでしょうが

仕事先でも しめつけと人間関係で楽しくないし、

肋骨骨折で運動をやめているし

パーチメントもやめちゃいそうだし

なんだか パッとしません。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。