この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するドラマの終結 独り言

楽しみにしていたドラマが そろそろ終わりそうです。

私は3本見ていました。




① NHKの「銀二貫」は 

文庫本を見て大体の筋書きはわかりましたが

原作とはあちこち変えていて、さすが原作者。

先週は「え!」という展開にしてあって

本を読んだ者にも最終回まで楽しめるようにしていました。





②ダークヒロインの上野樹里主演「アリスの刺」は

オリジナルがなく、「魔王」と原作者、監督が同じで

展開が今のところ似ている、とまではつかんでいるけれど

最終回の予告を見ても予想がたたず、上手に作られているなあと思います。






③「ルーズヴェルト・ゲーム」は 「半沢直樹」ほど ときめかず

本を読むこともなく 惰性で見ていました。







でも、突然、テンションが上がりました。

6/7に、愛知でエキストラ募集と 画面に出たのです。

朝7時には 豊橋には行けないので 参加不可能ですが 

なんだ、愛知ロケもあったの!と急に身近に感じました。






社会人野球のグラウンドとして ひなびてどこか古い感じが

イメージぴったりのようで 今までもドラマ中 使われていたようです。 






もうひとつ、驚くことがありました。

調べていくいうちに 投手役の俳優さんが 工藤公康の長男とわかりました。
14623.png 14625.jpg

工藤阿須加という名前です。

彼はテニスをケガであきらめ、俳優になったようです。

野球はしていないようですが、

父親のアドバイスで バッチリの投手役を演じています。

関係ないですが、工藤父も愛知出身です。







最後に 話題は変わりますが、 先日 見つけた クローバーです。

芝生の中に ♥みたいに はえていました。
1461.jpg



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。