この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する母の白内障手術が終わりました

<母の白内障手術>



母は お医者さんから 白内障手術を

すすめられてから 10年くらい渋っていました。




でも、ボケてしまうと

もうできない手術なので

母には今がタイムリミット。




クリアな視界は母に刺激をくれる?

と期待して 手術を受けてもらいました。

本日 無事 両目の手術が終わり

ホッとしています。





白内障は 目の老化で

にごって見えにくくなる感じとか。

そして、その手術のイメージは
 
袋入りキャンディがにごってきたので

袋にちょっと穴を開けて 砕いたキャンディを出して

新しいものを注入する そんな感じのようです。





メインの手術は15分くらいなので

本人の負担は少ないようですが

その準備と 術後のカバーが大変です。





事前の検査、1日何度もの点眼液。

それが左右交替なので

左右の点眼液が違います。

終了後も 週数回しばらく通院とか。





義妹と私の負担を少なくするために

大きな病院で入院して両目手術するのか

近所の眼科で片目ずつ 日帰り手術をするか

で 迷いました。

でも、入院初体験の母を一人きりにすると

ボケると聞いたので 後者にしました。

転んで圧迫骨折して以来歩行困難になっていたので

実際 後者にしてよかったです。






長くなるので あとは はしょります。

・82才の母の手術代は12000円だった。

・うちの先生は半日で毎週9人施術されている。

・手術前にまつ毛をカットしてました。

・同じ日の 手術待ちの男性が

 肝っ玉が小さくて大騒ぎしていました。

 (痛いかとかどんな感じかとか聞きまくっていました)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。