この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するひったくりに間違えられた私

多分、私は、ひったくりに まちがえられたと思うのです。





場所は 田舎の信号がある十字路。 時刻は お昼前。

コンビニの対面。車イスの老女のコンビニ袋を取り上げようとする私。

その場面を見た人は 私をひったくりと思ったと思う。

でも、老女が嫌がるので それ以上は しないで 口論。







その場面を見て、車が近づき、男性が降りて来て話しかけてきました。

「知ってるお婆ちゃんだったんで、通り過ぎたけど 戻って来た」

yjimageXW89A64Y.jpg

他人のいさかいではないとわかったらしくて

「娘さんかね?」

とおっしゃるので、事情を話すと

「お婆ちゃん、運動してちょ~よ」

と 手を振って帰って行かれました。






もう一人 私をひったくりだと 思ったであろう人がいました。

偶然 近くに来た愛知県警の白バイの人。

yjimageA18CCSEM.jpg

交差点前で 行ったり戻ったりと グルグル回っておられました。

さっきの男性が私に話かけた頃、事件じゃないと遠目でも判明。






突然に BUWAN~!と 信号無視の車を捕まえに

突進して行かれました






真相は こうです。

母は運動不足。

一緒に 立つ、座るの運動をうながしても拒否。

だから、母の好きなデザートをコンビニへ買いに行こうと誘いました。





普段 母が歩く時は 両手をつないで私が後ずさり、

または 片手杖 + 片手は私とつなぐ 状態なので

信号の変わり目までに渡りきれません。


yjimage47C6DIJC.jpg



で、

信号までは 車イスに私が座り母が押す。

信号中とコンビニは 車イスに母が座り、私が押す。

という作戦をたてました。





なぜ、私が車いすに腰かけるのかというと

母が押す車イスに誰も座らないと ひっくり返るからです。

普通なら足を足置きに置くところを、

私は 足をチョコチョコ動かして 自力で 前進します。

母はつかまっているだけで 押せません。

私も運動になります。

私が頑張りすぎると 母が「早い~」と言うので 調節します。






あの時は 買い物をした帰りです。

信号を渡ったんで 交替しようとしました。

立たせようとして袋を私が持とうとしていたけれど

「疲れたから 嫌だ。このまま帰る」

と 母は 拒否。

この様子が 誤解を招いたようです。





最後はあきらめて そのまま乗せて帰りました。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。