この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するカッピング体験 + ミニトマトのおいしい食べ方

鍼灸院の先生が カッピングを始められました。





カッピングとは

カップの中を真空に近い状態にすることで、
皮膚が引っ張られ、体内(特に皮膚の表面付近の毛細血管内)に
滞っていたドロドロとした血(東洋医学のオ血)が、
皮膚の表面にまで引き上げられます。

そうすることで、血液の循環を良くして、
さらに、血行を促進させて、肩こりや腰痛をはじめとした、
筋肉のコリや痛みの症状を緩和させるという療法です。

老廃物を身体の外へ出すことで、
冷え・凸凹脂肪・むくみ・肩こりなどの改善に効果が期待できます。

sp1_med_hr[1]






ということですが、

実は、私、幼少時に、カッピングを目にしたことがあります。

祖父が皮膚をチョンと切って、ガラス玉をくっつけていました。

悪い血を出すって言ってました。

だから、話を聞いて 抵抗はありませんでしたし、

先生は 切らないでされるので、迷いなく お願いしました。








場所は 私はダイエット目的なので 背中ではなくお腹です。

ひっぱられ感はあまりなく、熱くも痛くもありませんでした。

ただ、笑うと 玉がカチカチとぶつかるので、笑っちゃいけないと悟りました。







写真を撮って送ってもらいましたが、

こんなに色は変わりませんでした。

しかも、その日のうちに ほとんど色はなくなりました。

ただ、効果は今からわかっていくと思いますが

せっかくなので 健康的な生活をして 次回の鍼灸の日に

先生にいい結果報告ができるようにしたいと思います。









ところで、

このところ、野菜の収穫がハンパなく多くて困っています。

なるべく食べなきゃ、と 必死で研究中です。

写真も撮っているので、順次報告いたしますが

最初に傑作から報告します。




フルーツミニトマトの場合の結論

フルーツミニトマトは甘くして食べるとおいしい♪

147203.jpg 冷やしてお砂糖をかける

147204.jpg 冷やして甘いヨーグルトをかける

これ、おススメです。

サラダとして食べる量よりも 多く食べられます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。