この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するまんだらのぬり絵は癒されます

昨日の朝、5時半頃、電話がありました。

(へ?こんなに早く何?)と思いましたが



電話は 連絡が取れなかった入院中の友達から

「暇を持て余してるの。遊びに来て~。」

という内容で ホッとしました。

yjimageR7UWA0F8.jpg

出かける時間がとれたのは夕方で、

晩ご飯を作らなくていいから 出かけました。(家族は出張)。

母が気に入ってくれた「ぬりえ」を持っていきました。





今まで、母は お花や景色、レトロ、などの「ぬりえ」を渡しても

関心を示しませんでしたが、気に入ってくれた「ぬりえ」があったんです。





偶然にネットで見つけたこちらの「まんだらのぬりえ」です。

yjimageQCXDOYA3.jpg

手頃なサイズに拡大したら、線が太くなりました。

これ、はみ出しにくくて都合よいんです。 





「まんだら」とは 

仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを

仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。

古代インドに起源をもち、中央アジア、中国、朝鮮半島、日本へと伝わった。

ものらしいらしいです。(Wikiより)






でも、ぬりえは そういう難しいことは関係なく楽しそうで

母の所で、私も 義妹も 姪っこも 

母よりも先に塗り始めちゃいました。 




不思議に楽しいし、集中するし、結果も美しくて けっこうはまります。

14892 (2)
14892 (1)

上級者にはもっと複雑なものがたくさんあります。

友達からは リハビリにいい、と喜ばれました。


 



さて、その帰り道

最近、私地方は 豪雨が集中していますが また雨が降り始めました。

10分弱の距離なのに こんな感じの所もあって こわかったです。

yjimage[7](写真は借り物です)

浮くまでは大丈夫、と自分に言い聞かせて

ずっとヒヤヒヤしながら トロトロと運転して帰りました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。