この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するゆうぜん・ろうけつの二人展 & 近所の花(黄・青・紫)

<手描き友禅 & ろうけつ染めの 二人展> 名古屋にて

15671.jpg

真ん中のかたとお知り合いなので、出かけました。

左が手描き友禅の 尾崎さん(兵庫在住)、

真ん中がろうけつ染めの長田(おさだ)さん、(京都在住)

右が水彩画の三沢さん(愛知・岡崎在住)です。

皆さんとお知り合いになりました。

私は右のスカーフを買いました。

優しい色合いでとっても安らかな気持ちになれます。

買った時は身に付けるつもりでしたが

壁にかけることにしました。






お二人とも、着物地を染めることができる職人さんですが、

着物の需要が少ないので、技術を壁掛けやのれん、スカーフなどを

作られています。こういう人たちをもっと大切にしないと

日本の着物文化は なくなると思います。











<近所のお花 ⑤/⑥ 黄&橙> 6/3.4.

15675.jpg

中国語辞書によると「黄花」は

 ①菊の花、②(総称的に)やぶ甘草・忘れな草など,

(または)‘金针菜’の花を乾燥させた食品.≒金针菜,黄花菜((通称)) .

③童貞,処女.だそうです。





<近所のお花 ⑥/⑥ 青&紫> 6/3.4.

15676.jpg

鮮やかさはないけれど、心がおちつく色のお花です。

あ、同じ写真を 2回使っているのを発見。失礼しました。

黄花のような説明のページがほしくて『青い花』を検索したけど、

見つかりませんでした。

レズビアンを取り上げた日本の漫画作品のタイトルに

同じ名前があるようです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。