この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する息子の大腸ガンで落胆した知人

1510221.jpg

西川史子さんを好きでも嫌いでもなかったけれど

いいことを言ってくれて 友達に助言することができたので

感謝しています。






友達の息子(35才位)が 大腸ガンとわかり、

彼女は、手術に合わせて 孫の面倒をみたり

様子を見に 数日 出かけるというのです。





「ガン」というので、友人はすっかりしょげていました。

私の家族が「すい臓がん」で半分切除した話と

西川さんが言った言葉を教えました。






彼女が研修医だった頃は

「ガン=死」 の時代だったので まだ本人にガン告知をしなかった。

ところが、今は ガン告知をする時代。

それはなぜか?

なぜなら ガンは不治の病ではなくなったからなのです。

本人にも告知して、治療に励む時代です。






そう、彼女が言いました。

その言葉に 知人は相当 力をもらったようで

元気がわいてきたと言いました。

初めて 彼女に感謝しました。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。