この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するさつま芋が採れた!保管と料理例

昨日、家族がさつま芋を収穫しました。

去年、切干を大量に作って、大変でした。

今年はなるべくそのままもらっていただいて、

残りを保管することにしました。

どのように保管すべきかを調べたら、

さつま芋は寒さが苦手のようで、

わが家では 新聞紙に包んで、

ダンボール箱の中に置き、室内に置くことにしました。(10°~15°が最適)





*甘い成分の正体は「酵素アミラーゼ」

(長時間の熱で甘さを引き出すことができるといものがあるそうです)

方法として、電子レンジで焼きイモ加熱の際には弱い加熱 30分。

オーブンなどでホイルに包んで焼く時は 200度で30分がベターだそうです。






そして、去年、こんな料理を作ったようで↓ 今年も作りたいと思います。

<ポテトサラダ>→ジャガイモと同じです。

151121.jpg

ツナ+芋+タマネギをマヨネーズあえ。
  
パセリが無く、バジルを散らしました。
 
 *期限切れの粉チーズも入れました。





<煮物> → (とっても美味しかった)

151122.jpg

材料:さつまいも 小6本、もも肉320g位、きぬさや10枚位

調味料:お酒大さじ3、 みりん大さじ2、 はちみつ大さじ1
     酢大さじ1、 オイスターソース大さじ1と半分、 お醤油小さじ1

作り方:ごま油で肉を炒め、焦げ目をつけて取り出し、

     ごま油を入れ、さつまいもを入れ、油がまわったら、
  
     肉を戻し、調味料を入れて約20分。水は加減して。
   
   *わが家は冷蔵庫内の整理のため、材料は違います。

    豚肉、ブロッコリー、セロリなどに替えました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。