この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するキンカン甘露煮&団体でキムチ漬け

<キンカンの甘露煮>

助言をいただきありがとうございました。

まずは、きのう、キンカンの甘露煮をしました。

ネットで探して、水ではなく酢で煮る方法で。

こちら

1512241.jpg

梅ジュースみたいに キンカンからエキスが出ていくようで

風邪のひきかけに そのままや炭酸で割って飲むと

とっても効くそうです。









そして、本日  〈キムチを漬けました〉

きょうは料理教室のメンバー10人位で 共同でキムチを漬けました。

なぜ家庭料理教室でキムチかといいますと、

実は、最初は韓国料理教室だったのです。






その時、本場キムチの漬けかたを

韓国人の先生に教えていただきました。

先生が味見しながら足りない調味料を指示しておられたのですが、

先生が病気でやめられたので、今では自分たちで味見をして、

日本人好みのキムチを漬けています。(平成6年か7年から続いているそうです)




驚いたことは、牡蠣やイカを生のまま入れることです。

何ヶ月も生で大丈夫?と思いましたが、

発酵を促しているようです。

リンゴや梨ジュースなど中へ入れるものが多いことも驚きました。






かなりの量なので プラの桶や 昔ながらの衣装箱を使います。

重さを測るのも キッチンバカリではなく 体重計を使います。

塩漬けしたり、かき混ぜたりと 体力を使い、

みんな加齢でしんどくなったと おっしゃってました。

完成は 一人4kgずつの袋が 18個位できました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。