この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する明治村の見納めは教会三つ

明治村村民(年間パスポート)が 失効直前!

すべりこみで 出かけて来ました。

次の更新はしません。

ほとんど行かないもの。

そのかわり気に入った建物のみを

厳選して目に焼き付けてきました。

それは「教会」です。





「聖ヨハネ教会」                   「大明寺聖パウロ教会堂」
16211明治村
「聖ザビエル天主堂」





それぞれの説明です。





<聖ヨハネ教会堂> (重要文化財)

162118.jpg

162112.jpg

旧所在地:京都市下京区河原通五條 

建設年代:明治40年

開国後、宣教師は布教だけでなく、実業、教育麺でも業績を残した人もいた。

この教会堂設計者、アメリカ人ガーディナーもその一人。

明治村の初期から存在し、私が20才の頃に油絵で描いたことがあります







<大明寺聖パウロ教会堂> 

162119.jpg

旧所在地:長崎県西彼杵郡伊王島 建設年代:明治12年

一見農家なのはキリスト教禁制の影響

フランス人宣教師ブレル指導のもと、大渡伊勢吉が建立

(伊勢吉は 若い頃大浦天主堂建設に携わった)

内部は外観から想像できないほど教会そのものです。

162115_R.jpg







「聖ザビエル天主堂」 

1621110.jpg

162116.jpg

旧所在地:京都市中京区河原町三條 

建設年代:明治23年

フランシスコザビエルを記念して献堂された。

フランス人新譜のもと日本人が建設。








移動途中に 宇治山田郵便局舎の前を通ると

「10年後のあなたに手紙を書こう!」

という企画がありました。







10年後?

若い人たちは 考えて書いておられました。

でも、私の10年後?!

う~ん、なんだか 書く気がおきませんよ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。