この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する<篠田桃紅、字のしごと。>「岐阜現代美術館」へ行きました

<篠田桃紅、字のしごと。>



今、篠田桃紅さんのご本

「『一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い』が話題なのですね。




私は「本」を読んでいないのですが、

「書」を岐阜県関市(岐阜現代美術館)で拝見できると知り、出かけました。

わが家からは50分位の所です。

この美術館は 企業の敷地内美術館のために

日曜休みで平日しか見られません。








右下は美術館へのアプローチの写真で

石ころの間に水が流れていてせせらぎが聞こえ、

青い部分に注いでいます。

その上の写真は逆に館内からながめた空間です。






彼女の文字はすでに化粧品の香水の文字だったり、

お酒の名前だったり、お茶屋さんの文字だったり、

映画のポスター題字や本の装丁で見たことがある文字です。





私はこのかたの文字をものすごく好きです。

文字の形が 絵画のよう。

とっても落ち着ける♡






館内の写真を撮って来たけれど、

出していいのか判断できないので、

ネットからの写真を並べてみました。






彼女自身の写真も有りますが

ものすごい美人です。

映画の篠田監督は従弟だそうです。

あと10日後の3月28日に満103歳になられます。

そうそう、もうひとつ情報ですが、

美術館のある地名は「桃紅大地」と改名されています。

ここの会社の先代の会長がそうとう彼女を気に入られたようです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。