この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する黄金展てどんなん?と思ったけど、良かったです

<黄金展> (愛知県美術館) 

突然招待券が手に入ったので 出かけました。

最初、(黄金展てどんなん?) (成金趣味?)

と 私も友達も あまりのり気ではありませんでしたが

出かけたら、興奮、感激~!でした。







金にうっとり…… と いうよりも

紀元前の作品ということと

同じことかもしれませんが どうやってこんなに細かい作品を作ったのか!

に興奮しました。 





友達は 

「作者はきっと若者で 目がよく見える人だね」

「夜はできない作業だ~」

と何度も言いました。

ちなみに それは たとえば こんな作品のことです↓

165262.jpg

これは上着の止め金です。(粒金細工)

小さいので 写真ではわかりにくいですが

手前は人の列、右の列は馬、手前から3列あたりは

ライオンの列です。





小さな粒をたくみに扱い、最小のものは0.15ミリを下回り、

髪の毛1本の太さに迫るサイズです。極小です。

私め、(こらあかん!)と シニアグラスを出して とくと 見ました。

すごく巧妙にできていました。

くっつけるのは 化学反応で と書いてありました。





紀元前9世紀から 紀元前2世紀に 活躍したイタリア半島中部の

エトルリア人(イタリア半島中部)の墓の埋葬品のひとつです。

彼らは死後の世界を深く信じていたので、

死者を豪勢な品々とともに埋葬したそうです。





今回の 県美術館の売りは

 ”1974年にブルガリア、ヴァルナで見つかった墓から6000年以上前の金製品が大量に出土” 

というものでしたが、私には 粒金のほうがインパクトがありました。

他に古代ギリシャからの出土品、など多くの作品を展示してありました。






ところで、こういう入場料についてですが

バラ展や 映画など大抵千円以上かかります。

シルバー割引で 100円とか 200円とか 安くなりますが

それでも、公共施設の入場券なら もっと安くしてほしいと思います。

500円くらいで 入場というのは 無理でしょうかねえ?




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。