この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する外国でスマホを使ってみた

私は有名携帯会社でなく、格安シムカード利用です。


ホーチミン空港では、空港でむこうのスタッフが現地のシムと交換してくれました。


今回のソウルでは、シムを自分で空港内コンビニで買って、読んで、セルフでやるように言われました。


そんなこと言われたってできないわ〜!
「できない!」と言って、やってよモードで押しました。


そしたら、スタッフが来て使用可能にしてくれました。


ここまでを流ちょうな英語なのでコミュニケーションバッチリ!でした。


と書きたいのですが、つたない英語で、ホント、汗タラタラでした。


ネットはステイ先で使うのみ。
日中の外出先では必要なく、不自由ありません。


韓国前半はソウルでしたが、後半は別の地方へ移動しました。


スマホは、ホテルのWi-Fiに設定し直す必要があります。
私は、ホテルの人にスマホを出して「Wi-Fi」と言うだけ。


ちゃんと使用可能にしてくれました。


家族とライン、フェイスブック、ブログ、少し旅行先の検索をします。(FBは、写真縮小の必要がないので、そのまま掲載できます)





さて、お話は、私ではなく、ソウルの人のスマホについて、です。


普及率について、わが地元とは違うなあ!と思ったことがあります。


わが町は電車の中でスマホを使っているのは若い人ばかりです。


それに対して、ソウルの地下鉄の中では、中高年のかたが多く使っておられます。(ガラケーじゃないと思います)


さすが先進の韓国‼️って思いました。


地下街を歩くと、衣料品の店が大部分ですが、スマホカバーの店も意外に多いことに気づきました。


スマホ人口がこれだけ多いなら売れるわ、と思いました。




お話は元に戻ります。


私が渡韓する前に、韓国だけじゃなく、47か国も旅行されている先輩にお話を聞きました。


世界を飛び回っている私の料理の先生にスマホをどうされていたのかをお聞きしたのです。


そしたら、ビックリのお返事をもらいました。


なんと‼️


彼女は、空港へ着いたら、最初にスマホをお荷物の奥深くへ大事に入れ込むんですって。


つまり‼️


スマホを使わないで世界旅行を続けておられたんです!

ホテルでパソコンという手もありますし。

旅先でスマホは使わない、という選択もあるんですね〜!


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト

この記事のみを表示するホームステイしてみて

今回、ホームステイにして良かったと思います。


費用の点ばかりでなく、外国だけど日本語を少しでも話せるし、知らない土地に知人がいて心強いからです。
韓国語を話せない韓国1人旅なので、人恋しくなります。



ホストは82才と72才のご夫婦。4人の子どもが、結婚して独立したので、部屋が余っています。「カカオトーク」で少し前から対話を日本語で進めていました。



旦那さんは昔ハワイ大学に留学され、英語が堪能。日本語も大体は話せます(いつも話しないので、やや難解な時もありますが)


奥様は料理上手で、朗らか。皆さん、鼻歌を歌われますか?私はまったく鼻歌を歌いませんが、時々、彼女から聞こえてきます。そして、英語を勉強中で、外国の人とコミュミケーションがとれています。


女性のみ受け入れておられます。
私が行った時、すでにスイス人の女学生がいました。きょうからフランス人女学生が来ました。後者、このお宅に3度目だそうです。


ご夫婦がそれぞれの長所を活かして、受け入れをエンジョイされているように見えます。


私に語学力があれば、もしかしたらホームステイの受け入れをしたかも?です。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するたるみじゃないけど…

きのう、徳寿宮(トクスグン)へ見学に行きました。敷地の奥に美術館があります。


韓国人の絵の展覧会をしていたので、ぶらりと入りました。


「イ.ジュンソプ」という画家さんの絵です。ほのぼのとした絵がたくさん展示されていました。



そのうち、「!」と驚くことがありました。
私にも読める!
なんと、日本語の手紙があるではありませんか!
女性への熱烈なラブレターでした。
便箋いっぱいに、絵と愛情タップリの日本語で書かれた手紙です。相当数有りました。(子どもへの手紙もありました)



ステイ先へ戻って調べたら、彼は国民から愛されている有名な画家だそうです。


奥さんは日本人、山本方子(まさこ)さん、現在92才、東京在住だそうです。


2人は夫婦だけれど、戦争のために、極貧生活、そして、離れ離れになり、彼は韓国で1人住まいのうちに39才で亡くなったそうです。



今は、彼の絵が億単位で売れているとか。気の毒に生前は売れなかったそうで、壮絶な人生だったようです。

http://www.sankei.com/smp/world/news/150607/wor1506070020-s.html



ステイ先の奥様に展覧会に行ったと、翻訳アプリを使って話したら、私の株が勝手に上がってしまいました。それも困るわ〜。行ったのは偶然だもの。細かい説明ができないので、それ以上の弁解は、やめました。



ところで、関係ないけれど、この奥様。
私の名前は「てるみ」なのに、私の事を「たるみさん」と呼びます。



1度、ゆっくりと一文字ずつ区切って発音した時は大丈夫でしたが、いつのまにか「たるみさん」に戻ってるんですわ。……ま、いいけど。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するあらま、納得です

きょうのお話。

路上で「サブウェイは、どこですか?」とたずねると

おにいさんは、私にもわかるように、腕を大きく回してジェスチャーたっぷりで教えてくれました。

それで、その通りに行くと、

なんと、そこにあったのは、お店の「サブウェイ」でした!なるほど。納得しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する韓国一人旅は楽しい!(今のところ)

スマホのシムカードを交換して、ホームステイ先で
Wi-Fiにつながっています。



それなのに、ブログのfc2が、
パスワードが安全でないから変更しろとか
投稿したつもりがどこかへいったりと
トラブル続きで、イヤになって投稿をあきらめていました。


写真の縮小もスマホからは慣れないので面倒なため
お話だけで、どんどん投稿していきます。



それから、お友達のところへは帰国後に
訪問することになると思います。
よろしくお願いします。






さて、今回の旅の目的は王宮の組み木細工を見る!です。
韓国の5つの王宮と宗廟をめぐっています。



いい本が見つかったので、喜んでながめています。
組み木の職人さんの(無形文化財)仕事場を見学させてもらったりしました。



日本語ができるかたを見つけて、ホームステイさせてもらっています。
また、その場所が便利な所なので
毎日、地下鉄で王宮巡りをしています。



わからないときは、駅員さんに聞きたいのに
1度も出会わないので、客をつかまえては、
日本語でたずねて、答えをもらっています。



おもしろいのは、地下鉄の中で、突然に、物売りが始まることです。
きのうはCD.きょうは電気スタンド売りに出会いました。



食べ物屋は、訪問先や、ステイ先の近所で食べています。
読めるものがあると、指差しでたのんでいます。
後日、写真を掲載します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する名古屋へお出かけ「桃のスープ」

きょうは 名古屋へお出かけしました。

ランチは「桃のスープ」を食しました。

167181.jpg

ビシソワーズの桃版で、桃のお味がさわやかなスープでした。

35年クチコミだけでお客さんが広がったという

ご年配のご夫婦のお店でした。

ちなみに秋はクリのスープだそうです。




その帰りに 名古屋大仏を拝観しました。

167182.jpg

私、一応、グルリと回ってどうなっているのかを確かめましたら

こちらの横や後ろを、象さんが何匹も守っておりました。

その間、私を待っていた先輩は 両腕のあちこちを蚊にやられ

しばらくは かゆい、かゆい とお気の毒でした。

私は 動き回っていたんで 刺されなかったようです。





その後、栄へ移動して テレピアで「神の手」を鑑賞しました。

167184.jpg

売店にあった組子建具のコースターが

私の好みに どストライクで 心を持って行かれました。

ひとつ千円で、4つ買うと4千円だから

ちと高過ぎるぞ、とは思いながらも どの模様をやめるのか

判断できなかったんで やっぱり4個とも買いました。






木曜から行く韓国へは 実は こういうのをたくさん見に行くのが目的です。

IMG_3386_R.jpg






そして、最後にオープンまもない名古屋駅前の「KITTE」に寄りました。

167183.jpg

ここで、時間が許す限り いろんな話をしました。

先輩とは けっこう同じテレビを見ているようで

教えようとすると 相手が見ていたりしました。






一番衝撃だったのは、

「100万回生きた猫」の作者の佐野洋子さんと

谷川俊太郎さんの話でした。

2人は不倫のうえに結婚したのに

その割には6年ぐらいで離婚しちゃって

佐野さんは谷川さんを「無常識」と批判している、というお話でした。

不倫は「盲目」で「燃える」ということ?





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する収穫夏野菜を料理!

<収穫夏野菜消費>

週末は収穫野菜の消費デー!

2人じゃなかなか減らないので、

3軒分のおかずを作りました。






栗原はるみさんの
①「なすの揚げ煮」↓

167171.jpg写真は拝借

②「パプリカ肉詰め」

写真を撮り忘れました。

③「ミニトマトのおひたし」↓
IMG_3352_R.jpg ミニトマトを皮むきし、白だしつゆに漬けて冷蔵庫

④「トマトを玉ねぎすりおろしと漬けて冷蔵庫で保管↓
IMG_3353_R.jpg 好きな物をかけて食す

⑤「マッシュポテト」頂き物のじゃが芋で。




きのうは 野暮用の他は ほとんど一日

収穫野菜の処理に明け暮れました。

自宅で作ると、スーパーの店頭に並ぶ状態の前の段階があります。

農家のかたや 大々的に野菜を作っておられるかたの家では

相当量の収穫があるので 大変だろうなあと 思いました。









そういえば、去年は「ケチャップ」を作ったり 

「トマトのフライ」をDVDで知ったりしました。

トマトをつぶしてカレーに入れても美味しかった。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する草取りをがんばりました&バスツアーの一人参加は割高ね

家族が出張中だったんで 驚かせようと

いつもは パソコンにむかっている時間を

畑の草抜きにあてていました。

167142.jpg

わが家は 庭も 隣りの小さな畑も 草ぼうぼうです。

蚊取り線香を置いて作業をしたのに 長靴のちょっとの隙間を

ビシビシに蚊にくわれた跡が 足首から上に

幅10cmくらいの赤い水玉模様になりました。

年をとったせいかあまりかゆみはないので助かります。

でも、

「もう草取りなんかやらん!」

と 自分にプリプリしました。

でも、やっぱり、あまりの雑草の多さに負けて

きょうも草抜きをしました。

蚊取り線香を4ヵ所にしたかったけれど 2本にして、

自分の移動に合わせてこまめに動かしました。

結果は、大丈夫でした。

167143.jpg

そのほか、韓国旅行の下調べもしていたのですが

「ん?!」ということがありました。

日帰りバスツアーで 2人以上なら 一人 67900W と書いたのを見つけました。

おおざっぱに換算すると 日本円だとゼロをひとつとった位です。

そんなもんかな?と思って

一人だといくらになるのかを確認メールしました。

IMG_3327_R.jpg

皆さんだったら いくらなら行きます?

私は2倍くらいなら行く!って思っていました。

解答は……

なんと! 

300000W! だそうです!

思わず、ゼロを数えました。

え!3万円もするの!

高っ~!

よくチラシで 3万で韓国2泊3日!って見るじゃん!

あかん!私は手が出ない。

他社を見ても たいてい 2人以上になっていて

韓流ブームの昔にくらべて 今は人があまり行かないようです。

167161.jpg

ネットの評判を見て、悪い評判の所をたくさん見て

(思ったよりも小さいし、古い感じだし

これは行かなくて正解だよ!)

と 自分を納得させました。

167145.jpg

↑ どこだかを書かないと 気になりますよね。

チャングム他多くのドラマや映画を撮影しているテーマパークです。

王宮のミニ版を再現している場所です。





* 写真は お友達がくださった袋ものです。

裏と表の柄が違うので両方撮りました。

最後のは裏表が同じでしたので写真は1枚。

ひっくり返っているのは登録ではそうではないのです。

一度、訂正してみたものの、時間経過したら

戻るかも?とそのままにしています。はて、どうなるでしょ?



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する野菜の収穫と デコパージュ③

IMG_3306_R.jpg

「本日の収穫」です。

左:トウモロコシ、小松菜、青じそ、キュウリ、トマト、

          ミニトマト、バジル、パプリカ、ピーマン。

右:バジルは140gあり、2回に分けたけれど、

        フードプロセッサーがあふれそうでした。

瓶はジェノベーゼです。

       冷凍用と冷蔵庫用とに分けました。

青じそは2人にあげた後、

       きょうのところは瓶に水を入れて飾ります。

トマトは熟し待ち。

ミニトマトは 砂糖と練乳をかけて食べます。

キュウリとナスは山形の「だし」にしたかったけれど、

ミョウガが無いので作れず、残念!

16799_R.jpg

ミョウガは先日 甘酢漬けにして 食べちゃってました。





そして、デコパージュ、次の作品です。

16795_R.jpg

例によって 私が一回休むので

先生が焦ってくださって、絵柄を選んだのは私ですが、

アシスタントの先生も切るのを手伝ってくださって

ほとんどが先生の作品です。





家にあるものをなんでもいいからもっていらっしゃいということで、

私は 焦げ茶色の横長薄い木箱を持参しました。

他の生徒さんは 金属バケツやら 缶づめの空き缶やら

おせちが入っていた箱やら、さまざまでした。





先生は おせちの人の箱には 絵柄を横にも貼ったり 

金属バケツのかたには 向こう側の内側にも絵柄を貼るよう

(なるほどね~!)という助言をされていました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するデコパージュ②

名古屋場所が始まります。

相撲に興味のない私は 町の駅にのぼりがたって

初めて気がつきます。

167911.jpg

その昔、お稽古の様子を見たくて

お部屋へ一人でたずねて行ったこともあります。

もっと前は、琴欧関を見に出かけたこともあります。

167910.jpg

でも、今はお相撲に興味がなくなりました。





さて、デコパージュ作品②です。本の裏と表です。

16797_R.jpg
16796_R.jpg

今回はクリスマスカードを使いました。

土台になる本を、開いて固めて塗って…までは

先生が用意してくださいました。





先生のスキルはすばらしくて、

たとえば 紙を破って貼り付ける手法や、

焦がして古い感じに仕上げるとか、

初めて参加の者は 目を白黒する手法ばかりで 

他のかたの作品を見るのも刺激になりました。






今、先生をされている方たちは 

遠くまで高い料金で習ってきておられて

今はその先生に身近で教えてもらうことができて

私たちは ラッキーです。




そんなお習い事に パーチメントがあったのですが

先生が教室を閉められました。





私が やめた次の回に先生が 宣言されたそうで

直接先生の口から理由は聞けていません。

先生が「きゃあ!素敵!」って ときめかなくなったから

と人づてに聞きました。

最近、あった一番ショックなことです。

自分は辞めても いつでも 戻れる気でいましたので。

先生には ラインで 今までのお礼を送りました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するデヴィッドカードを作りました

海外一人旅は初めてで、わからないことだらけです。

ホームステイにしたかったので、先方とやりとりしたりして探し、

2ヶ所もキャンセルしたりと 不安いっぱいでした。







いろいろと調べているなかで

デヴィッドカードを作りましたので、お知らせします。





ご存知のかたはおられると思いますが

私は初めて必要性を感じました。






今までの私の海外旅行は、

クレジットカードがあれば 事足りました。

ところが、今回、ホームステイを選んだため、

現地での現金が必要となりました。





海外において 自分の預金から

現地の現金で お金が引き出せるので

このカードを作りました。




詳しくは赤字をクリックしてください。

クレジットは 決済が先ですが、

デヴィッドカードは即時決済という違いがあります。




せっかく作っても お金をおろす場所がわからないと

困るので探したり……などなど 

とっても焦りましたので ブログをお休みしていました。

(前からのんびり更新でしたが…)






そして、昨日は 地域の料理教室へ出かけました。

IMG_3243.jpg

先生は いつも 身近な野菜を中心に 献立を考えられています。






今回は 

キュウリは薄切り→塩に漬け→しぼり→砂糖、酢、醤油同量で炒りました。

かぼちゃやキャベツの具の味噌汁は 白みそ、ミルク仕立てでした。

トウモロコシは 生のものを縦に持ち、包丁でガーッと粒をこそげて

いつもの量のご飯の上に乗せて炊飯+塩でした。あ、昆布も入れてた。






他に 先生が 長年 増血目的で食べられてきた鶏のレバーの料理でした。

でも、30年も40年も前なら必要だったお姉さまたちばかりなので

先生自身も私も苦笑いしていました。

案外お姉さまたちは さら~っと聞き流されていました。






鶏の砂肝って胃なんですって。

ジャバラに切り込みを入れて加熱しました。

ところが、レバーも砂肝も嫌いな人が相当多くおられました。

んもう、顔までゆがませて調理されていました。 


デザートは片栗粉でわらび餅でした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示するジェノベーゼ保存 & デコパージュ①

バジルがたくさん採れました。

松の実、クルミ、オリーブ油と共に

フードプロセッサーでジェノベーゼを作りました。

16751.jpg

パスタに使った後は、瓶で保存(冷蔵庫)

家庭菜園の野菜を茹でたり炒めたりして使いました。




この応用で、なんとかパクチーも

保存できないかしらねえ???乾燥でなく。

せつに思っています。





そして、こちらは デコパージュです。

16752.jpg

町の講座で教えてもらいました。

絵柄は裏と表です。





紙ナプキンや カードなどの好きな絵を

なるべく薄く はがして使います。

私は 紙ナプキンにしました。

ひとつひとつ、ハサミで切って、層をはがし、

特殊なノリで2回塗りました。(裏も表も)





これがまた、時間がかかりました。

私は時間内に仕上がらなかったので

宿題になってしまいました。









忙しいと言いながらも 

こんなことをして 息抜きをしていました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する今度は桜

日本人は「富士」と「桜」を好きですね。

改めて思いました。





「現代日本画名品展」にも寄りました。

2006年福島、2012年東京にオープンした

「郷さくら美術館」所蔵の中から

昭和生まれの作家さんの花鳥風月の作品展です。






こちらは桜が多く、例えば写真の作品は

屏風4枚を額仕立てにしたもので、大きくて圧巻です。





近くで拝見すると

小さな桜を花びら一枚一枚描かれていました。

その作業を思うだけでも卒倒しそうです。






エクセルやワードで桜をコピーして何枚も作成とか、

桜のスタンプとか、を考えてしまう私でありました。

16732_R.jpg







そして、そちらへ行く前に 偶然 あの長~い大根の

 「守口屋」の前を通りました。

あの大根は 私の町の特産です。

といっても私にはなんら関係ありませんが。

毎年、ポキン!と切らないで誰が長くほりあげるか

のコンテストもあるようです。





その店舗の隣りで メニューはたったふたつですが

食事ができるようになっているので 入りました。


16741.jpg 牛タン漬け御膳

16742.jpg コーチン釜飯

釜飯のほうを食べました。

ひつまぶしみたいに 一杯目はそのまま、二杯目はお漬物と

三杯目は だし汁をかけて…とか言われました。






肉を食べられない人がたまにいます。

(そぼろを食べられるかなあ?)

と友達の一人が迷っていました。

昔は何も思わなかったけれど、

肉嫌いの人はみんなスリムでうらやましいな~。





この彼女と私、20才の時は同じくらいの体重だったのに

私は太り、彼女はやせて、いまでは体重差が12キロもあるのです(泣)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事のみを表示する富士がいっぱい、桜がいっぱい

きょうは気分転換できました。

友達との待ち合わせがあったので

行き先を 広重の富士と、名品展に指定して出かけました。





前者は 三菱東京UFJ 「貨幣資料館」にて。

全員初めて聞く場所なので

「それどこ?」

「え?!地下鉄じゃないの?!」

おのぼり三人はガヤガヤガヤ。







名古屋に限りませんが

建て物や 移動手段は流動的ですよね~。 

この間まで 駅前は 「KITTE」が工事中だったのです。

バス停は 工事中も 関係なかったのでしょうが

ほとんど使わないので 基幹バスの乗り場がわかりません。

そんな時、若い人なら スマホでサッと調べるかも?

でも、おばさん達は スマホなんて頼りにしません。

バッグから取り出すのも面倒。

人にたずねます。








名古屋で 大抵の所へは地下鉄で用が済むので 

バスはほとんど乗る必要がありません。

「まなか」利用の私、

入り口で乗車券を取って 出口でカードをかざしたら

「乗車券を取らないで カードをかざすんです。」

って教えてもらいました。





いつも私たちのお出かけは

世間について行く絶好の社会勉強になっております。








さて、目的である広重の作品は

16731_R.jpg

タイトルどおり 富士山だらけ。

広重さん、それはやりすぎでしょう!っていう

三重の二見ヶ浦から見える富士の絵やら

ゴッホの絵の背景の絵と並べてあるのやら、

そして、葛飾北斎の復刻版もあったりと

おおいに堪能できました。






あれ?! 長くなったんで 本日はここまでで

「桜がいっぱい」は あすに続きます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。