この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するけなげな彼に涙が止まらない

今までは、映画や本で涙が出ても ほどなくして止まっていたのに

きょうの私は涙腺のしまりが悪くて

いつまでも しつこく涙が出てきて 

年をとったんだなあ、と実感しました。

252283_R.jpg




本日、町で募集した「ありがとうの手紙」の朗読を聞きに行きました。

15編選出したものを 下條アトムさんが読んでくれました。

(沢田知可子さんの歌とそのご主人のピアノBGM付き)

252281_R.jpg

その中で 9才の男の子が 「天国のおかあさんへ」

「生んでくれてありがとう」の手紙を書いていました。

252282_R.jpg

それが知っている子だったし、

一生懸命に書かれた内容だったし

おばあちゃまが頑張ってそだてておられた様子を知っていたし

そのおばあちゃまに反抗期発言していたこともあったし……

彼のことをたくさん知っている私は

もう胸がいっぱいになって 

涙が止まらなくなってしまいました。

252284_R.jpg

帰りに 偶然 彼を見つけたので

「上手に書けていたね」

と声をかけて、おばあちゃまにも

「感動して泣いちゃいました」

とハグして ささやきました。

252285_R.jpg

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

ご存知の方でしたら余計に感動が深いと思います
良いお子さんに育って天国のお母様も
育てて来られたおばあさまも
誇りに思っているでしょうね(*^^*)

なんだか想像すると私も貰い泣きしそうです(〃∇〃)

No titleNo title

ざくぁざさん、こんばんは。

下条アトムさんを久し振りに拝見しました。
俳優さんですから朗読も感情が入ってお上手だったんでしょうね。
一度、聞いてみたいものです。

「生んでくれてありがとう」のタイトルだけで泣けますね。

No titleNo title

ざくぁざさん こんばんは。

お話聞いただけで 涙腺が潤んできました。
ましてや よくご存知のこどもさんのことですから
ざくぁざさんの涙が止まらなくなったのも分かる気がします。
歳とともに 涙もろくなってきましたよね。

きっしぃさんきっしぃさん

きっしぃさん、ありがとう。
おっしゃるように、天国の母親も
祖母も誇りに思っておられると思います。
他人の私は見守るだけですが
彼には力強く前進していってほしいものです。

KAGOME さんKAGOME さん

私も下條さんは久しぶりでした。
ここでもとぼけた感じで
楽しく朗読されていました。

彼のまえでは「おかあさん」の言葉は
タブーでしたので、「生んでくれてありがとう」
って思っていたことを知って、ぐっときました

おはようございますおはようございます

ご存知のお子さんが成長された姿を見て涙されたのね。
ざくぁざさんはご存知のお母様に聞かせたい、見せせたい、という思いも強かったのでしょう。
「生んでくれてありがとう」素晴らしい感謝の言葉ね。

昨日、久し振りにちょっと、うるうるしました。
近年は感情が鈍くなったのか涙が出にくくなったわ。
ざくぁざさんはいい涙を流されましたね。

petero k さんpetero k さん

petero kさんも、
涙もろくなってこられましたか。
止めるに止められないですよね。

彼のおばあちゃまは 多くの人と出会って
みんなの力を借りて子育てを助けていただく
っておっしゃってました。

彼もおばあちゃまも 
なんとか、幸せな人生を送ってほしいです。

けいこさんけいこさん

彼の前では「おかあさん」は禁句でした。
意外にドライな様子でしたが
内面はナイーブですものね。

日曜のドラマ「流星ワゴン」を見ていますが
この世に思いを残していると
成仏できずにさまよう主人公達が描かれています。
彼の母親もさまよっているかもしれません。

けい子さんも久しぶりの涙……
たまに精神や体の違う部分を刺激されることは
いいことですね。

成長成長

その子を知っているから尚更、感動してしまったのですね。
天国のおかぁさんの詩、どんなだったかちょっと聞いてみたい気持ちです。
人の成長はそれほどまでに感動的なんですね。

昨今の青少年の事件が悲しいです。
どうかその子が明るく育っていきますように。

はなこさんはなこさん

彼は強がり屋さんだったけど、
苦手が出てきたことも報告していたし
おばあちゃまへのありがとうは
てれくさいから無かったのね とか
とっても共感できたので しっかり感情移入していました。

私との接点はなくなってしまいましたが
私も彼が明るく育っていくことを望みます。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。