この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するゆうぜん・ろうけつの二人展 & 近所の花(黄・青・紫)

<手描き友禅 & ろうけつ染めの 二人展> 名古屋にて

15671.jpg

真ん中のかたとお知り合いなので、出かけました。

左が手描き友禅の 尾崎さん(兵庫在住)、

真ん中がろうけつ染めの長田(おさだ)さん、(京都在住)

右が水彩画の三沢さん(愛知・岡崎在住)です。

皆さんとお知り合いになりました。

私は右のスカーフを買いました。

優しい色合いでとっても安らかな気持ちになれます。

買った時は身に付けるつもりでしたが

壁にかけることにしました。






お二人とも、着物地を染めることができる職人さんですが、

着物の需要が少ないので、技術を壁掛けやのれん、スカーフなどを

作られています。こういう人たちをもっと大切にしないと

日本の着物文化は なくなると思います。











<近所のお花 ⑤/⑥ 黄&橙> 6/3.4.

15675.jpg

中国語辞書によると「黄花」は

 ①菊の花、②(総称的に)やぶ甘草・忘れな草など,

(または)‘金针菜’の花を乾燥させた食品.≒金针菜,黄花菜((通称)) .

③童貞,処女.だそうです。





<近所のお花 ⑥/⑥ 青&紫> 6/3.4.

15676.jpg

鮮やかさはないけれど、心がおちつく色のお花です。

あ、同じ写真を 2回使っているのを発見。失礼しました。

黄花のような説明のページがほしくて『青い花』を検索したけど、

見つかりませんでした。

レズビアンを取り上げた日本の漫画作品のタイトルに

同じ名前があるようです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

紫の濃い紫陽花、素敵ですね(*^^*)
最近は品種改良が進んでいるせいか
濃い紫のチューリップまで有ります
紫はゴージャスな雰囲気で素敵です(*´▽`*)

きっしぃさんきっしぃさん

紫色のお花は ちょっと違って高貴な気がします。
品種改良の方たちの努力は、たいしたもんですね。

No titleNo title

ざくぁざさん こんばんは。

手描き友禅 ろうけつ染め・・・ 久しぶりに聞いたことばです。
手描き友禅の着物は ほんとうに綺麗ですよね。
でも今は昔ほど着物を着なくなったので、
せっかくの技術がもっったいないですね。
でも、壁掛けやのれん スカーフなど身近に使えるものだと
いつも目にすることができていいです。
着物だと年に一回着るか着ないかですもんね。
ざくぁざさんの購入されたスカーフ、すてきです!
落ち着いた色合いの中に花芯がポッと薄紅で、
ほんとうに優しく安らかな気持ちになれますね。

petero kさんpetero kさん

こんばんは。

petero kさんのように 言葉がいっぱい出たら
うれしいなあ、って思います。

今は日本の伝統の技術を活かす方法が
こういう形でしか なくなってしまっていますね。

ろうけつ染めのかたは とってもステキな
作品を作られるんです。
このスカーフを壁に掛けましたので
ながめては、癒しをもらっています。

素敵なスカーフ♪^^素敵なスカーフ♪^^

ざくぁざさん♪こんばんは~^^

こうやって色のトーンを合わせて編集すると綺麗ですね~(^^)
其々、違ったお花でもトーンを合わせる事で調和が取れて素敵なお写真になってますね(*^^*)

No titleNo title

すげぇ~な・・・
ゲージツ家とお知り合いなんて
俺の知り合いにはね~もんな・・・

なんと、、、ご近所を
キョロキョロ (・_・ ) ( ・_・) キョロキョロ
しながら写真撮って歩いてんですねぇ(∩.∩)

不審なオバサンって感じかもな(-。-) ボソッ

KAGOMEさんKAGOMEさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
お花をいっぱい撮ったので 整理するのに
色でまとめました。
でも、同じものを2枚使ったりしてポカしてしまいました。

おっちゃんさんおっちゃんさん

フェイスブックでお友達になりました。
いうもきれいな作品を出しておられます。

「不審なおばさん」は ズバリ!かもしれません。
散歩のつもりが 写してばっかでした。

No titleNo title

素敵なスカーフですね。
心が、ホッとします。
暑いこの季節、癒されますね。

ざくぁざさん、すごい!
ご近所の花を色別に編集するなんて。
こんなにあるんですね。
写真に撮るだけでも大変。

梅酒の瓶。
そうなんです。
「梅1kgの梅酒を作る時は、容量が3リットルの容器が必要です。」
と本にありますが、小さすぎました。4リットルを使いました。

ブンさんブンさん

お花ですが、美容院の畑で たくさん栽培されているので
半分以上は そこのお花なんです。
散歩の予定が いつのまにか お花の撮影になっていました。

梅酒の瓶は ホント、様子を見ながら ですね。
容器と容量の関係は 
その場になってみないとわからないですね。 

今朝は雨が降っています。
ブンさんは晴れても雨でもやることがありますね。
きょうは編み物がはかどりますね。                                                          

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。