この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するサフランの「しべ」を収穫しました

サフランの「しべ」を収穫しました。

乾燥させて、パエリアの色付けに使います。

花ひとつに三つに分かれた「しべ」がひとつしかできません。

高いのもうなずけます。

151192.jpg

不思議なことに この長い部分が「めしべ」らしい。

普通は 中心にあるのが めしべであることが多いのに

これは真ん中が「おしべ」らしいです。なんでかなあ?





ところで、夕べは料理教室の復習をしました。

ここんとこ、息子夫婦が毎週日曜の晩ご飯に来る習慣になっています。

151158.jpg

豚肉の野菜ソースは 野菜を生クリームで煮詰めてあり、

美味しいと好評でした。

「フリッタータ」はフリッターじゃなく、

ゴロンと大きく切った野菜の卵焼きでした。

リゾットは面倒なので、きのこのピラフに変更しました。

切って炒めて 炊飯器に入れるだけなので。

(リゾットはコンソメ液を 入れては炒めるを繰り返していました)

そんな面倒な料理は私には無理です)

ティラミスはカステラの切り出しで作りました。





料理教室で教えてもらった料理は

味もつくり方もわかっているので

息子夫婦が来る時のメニューにあがることが多いです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

料理教室で習った事を
すぐに生かせる環境なんですね(^_-)-☆
息子さんご夫婦が毎週のように食べに来てくれるのは
楽しい事と思います(*^^*)
(あっ、でも・・・続くと面倒かも・・・(笑))
ざくぁざさんのお料理が
美味しいから続いているのだと思います!

和やかにレシピを紹介しながら
仲良く頂くの理想です(*^^*)

郵便局で誤配が有った経験が有ります
我が家の荷物が別のお宅に配達されていたんですよ
開封された状態で届けられ謝罪されました
中味は古本でしたので
まぁ・・・被害はないとは思いましたが
気分的に面白く無かったので
受け取りの印鑑は押しませんでした(〃∇〃)
そちらで勝手にサインして下さいと言い張りました
大人げなかったですね~(^^;

サフランのシべサフランのシべ

サフランのシべ、沢山収穫できましたね。アップしてくださりありがとうございます。
これだけ採るにはサフランも沢山あるのですね。
家のサフランから採ったシべは、たったの4本でした・・・乾燥させて溜めている。
これ、買ったらものすごく高価ですよ、0.何グラム何百円という値段だったと思います。
これでパエリアが出来ますね、お羨ましい~

息子さんが毎週日曜日晩に一緒に食事するって、理想的です。
私もそうしたいけど、無理だわね・・・遠くて多分来ないです。
野菜いためのクリーム・・・珍しいですね。

きっしぃさんきっしぃさん

平日は簡単な料理ばかりです。
息子達が来る時だけは まともな料理で
自分もほっとできています。

料理教室の料理は 身近な素材を使った
普通のものが多いので 作りやすいです。

おっしゃるように
義務になると 面倒かも?!です。

郵便局のかたは 同じことをしても
宅配業者のように頭が低いとは思えません。

きっしぃさんも郵便局のかたに
普段からの信頼があれば 怒りもそれほどには
ならなかったかも?

届けられた家のかたも子どもが宛名を見ないで
開封したのかなあ?そっちも気になります。

はなこさんはなこさん

サフランは さほど作ってないですよ。
シベの数だけです。
市販のものは 高いだけあってたくさん入っています。
あなどれないですね。

はなこさんちには、なんでもあるんですね~。
昔、わが家で サフランと
サフランもどきを植えたけれど
いつのまにかないなっちゃいました。

はなこさんちの息子さんは
遠くに住んでおられるんですね。
通える距離だとお互いに便利なのにね。

野菜クリームは 生クリームを
(4人で100cc)加えるだけでした。
肉を焼く前に小麦粉を振っているので
トロンとなります。
生クリームの残り物は
こうして片付ければいいわと思いました。

豪華なお料理♪(*^^*)豪華なお料理♪(*^^*)

ざくぁざさん♪こんばんゎ~(⌒0⌒)/~~

どのお料理も美味しそうですね(*^^*)
やはり息子さん方がいらっしゃると作り甲斐がありますよね(^^)d
お料理教室は良い刺激になりますねo(^o^)o

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KAGOMEさんKAGOMEさん

本やネットでも料理を知ることはできますが
実際に作った料理は容量がわかっていますものね。
この先生は しゃれた料理ではなく、
普段作ってもらえるものを中心に教えておられます。

老夫婦2人の料理は かわりばえしないので
いい気分転換になっています。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。